「運動不足、痩せたい」ジムに通うよりも農業を手伝え


ボクの知り合いが、最近、ジムに通い始めたと聞きます。

「運動不足で筋力をつけたいから」といいますが、それだったら、ジムじゃなくてもよくないか?って思いました。

ボク自身、ジムで身体を鍛えるのはサプリメントで栄養を補給するのと同じだと思っています。

サプリメントは、とても便利なものです。野菜や魚が嫌いな人でも、サプリメントで簡単に栄養を摂ることができます。

 

が、特定の要素しか摂取できない上、下手に過剰摂取してしまうと、逆に体調が悪くなるというデメリットがあります。

ジムで身体を鍛えるのも実は同じで、どこか負荷をかけすぎているのではと思っています。

インストラクターがいるから大丈夫!という話ではありません。

 

「こころと身体」の話をしているのです。いくら痩せたいとかマッチョになりたいという気持ちがあっても、途中で辛くてやめてしまったら、意味がないと言っているのです。

ジムに通っていたけど、面倒くさくなって途中でやめてしまった人は結構いるのではないでしょうか。

 

じゃあ、運動不足をどう解消すればいいかって話になるんですけど、単刀直入に言えば、「農業」を手伝えばいいと思っています。

今では、農機によって栽培収穫しているところはありますが、農機で作業できないところや、小さな農家は手作業で行っています。(人手不足もあり、募集しているところは結構あります)

 

週末にボランティアで、都会を離れて、農家のお手伝い(ボランティア)をする。それが理想ですが、学校や仕事などでなかなか手が付けられない人もいるかと思います。

そんな時は、家庭菜園でもいいし、長期休暇だけでも全然いいと思います。

農業を手伝えば分かりますが、結構重労働なのです。しかし、ジムで鍛えているのと違う。それが「こころと身体」の話なのです。

 

ジムで筋トレすることが、趣味でやめられなくなってしまう。それは中毒で極端な肉体改造になる。本人はそれで満足しているため、それでいいといえばいいですが、どこか身体との付き合いが極端すぎるのです。

サラリーマンなんかで1日中、PC作業や人と付き合っていると、それが当たり前だと認識し、最終的にどこかおかしくなってしまう。

また、現在はコロナ禍で自粛期間中、家にこもっている時間も多くなり、体調が悪くなってしまう人を見かけたことがありました。

 

こころと身体のバランスが崩れてしまっているのです。

そんな時は、頭でっかちに意識で考えようとせず、花や野菜でも育てるのがいいでしょう。長期的になりますが、その方がよほど自然で健康的だとボクは思いますね。

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です