こだわりすぎてストレスにならないようにするには


自分もよくあることですが、一生懸命に努力してつくったものが採用されなくて他人の意見が採用されることがよくあります。特に新人は。

僕も性格上頑固で、こだわりの強い方ですから、イラッとしてつい文句を言ってしまうことがあります。

勿論、他人の意見を尊重することは大事だということは分かります。でも、自分のやりたいことや意見が通らないというのは、時間をかけていればいるほどとても悔しいものです。

という訳で、こだわることはいいですが、他人の意見を尊重してストレスをなくす方法を述べようと思います。

主にポイントは3つあります。

☆1 絶対俺の方が正しいと思わない

・・・「俺の意見は正しい=物事への意識が強すぎる」ので、物事に集中するのはいいですが、あまり1つのことに意識が強すぎてしまうと、相手の意見を聞かなくなる可能性があります。

僕の場合ですが、物事に取り組むとき、相手に絶対否定される。と思いながらやっています。メリットよりデメリットの方が大事だからです。なので、集中はするけれども楽に楽しくやる意識で行うことがコツです。

 

☆2 論理的に行っているか

・・・自分がこうやりたいからと言ったときに、相手に反論されて何も言えない場合、自分の考えが論理的でないということが分かります。ただの感情論になりかねません。

必ず、この意見はこうだけど自分が調べたデータではこうだからこの意見に賛成である。といったその意見を正当化するような裏付けデータをなるべく沢山用意することが大事です。

一番手っ取り早いのが、条件が同じ内容のものを探してそれと比較すること。僕の方がこいつよりメリットが沢山あるよ!! という形にすれば、大概の人はまず納得できるでしょう。

逆に言えば、相手のメリットの方が多ければ相手の意見の方で実行した方がいいという訳です。僕も相手の意見をすぐ否定するのではなく、相手のメリットとデメリットを挙げて自分の意見と比較するようにしています。(メリットデメリットを紙に書いてもいいですが、時間がかかるので、頭の中で瞬時にやっています。)

☆3 その物事への知識量はどうか

・・・相手の意見で専門用語で言われて分からないとき、それでもう自分の負けだと思ってもいいと思います。

負けないために、単純ですが勉強することが大事です。たくさん勉強し、知識を得ることで初めて相手の言いたいことが分かるわけですから。なので、英語ってできないと物凄く損しているんだよね。

 

以上になります。まあ、一言で言うとリラックスしろ! という訳です。簡単そうで難しいんですよね。これが。

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です