期限が迫るとアイディアが沢山思いつく理由とは


今日、プレゼン発表があった訳ですが、その前日、早く寝ようとして横になったんだけどあまり寝付かなかったです。

別に、夕方や夜に昼寝なんかしていないのにです。

多分、明日発表なので朝起きられないから心配だとか、緊張しているだとかそんな感じだとは思ったのですが…

横になっている時にいろいろ頭のなかで考えちゃうんだこれが。

何をそこまで考えているのか。

 

スポンサードサーチ

 

明日、仕事をどうこなしていこうだとか、どんな教育方法が子どもや老人にとっていいのだろうか、自分とは全く無縁でも、何か関連性のあることを思いつきます。

でも、日頃そういった「考え」はしているものの、発表前の前日の夜は特に頭の中がぐるぐるしていた。ぐるぐるしすぎて眠れなかったです。気づいたら、朝の4時になってたし…

 

こういうのってやっぱり期限が迫っていくことと関連性があるのかもしれません。正直、いまのところはっきりとした理由はわかりませんがw

お風呂やトイレなどで、ふとひらめいたり、アイディアが思いついたりしたというケースはよくあります。(他の仕事術の本でも採り上げられている)僕自身も、仕事に全く関係ない趣味の釣りをやってふと仕事の解決策を思いつくことがありました。

 

今回の場合はすこしパターンが違うように思えました。

本来ならば、締切が迫るだとか期限が近づく場合、気持ちとしては焦ってしまって感情的になりやすく、冷静に考えることができないのではないかと思います。

でも、締切に関しての焦りではなく、今回の場合、寝ることに関しての焦り(朝起きられるかという点とはやく寝付きたい)なので、寝ることができなかったと思います。

僕は思いついたことをA4のリングノートまたはスマホのグーグルカレンダーのTODOリストに書きます。

寝る時のそばにも勿論スマホやノートを置いています。横になっていろいろ「考え」を巡らせ、明日になって忘れないようにすぐに書けるようにするためです。

実はこういったものがそばになければ、「考える」行為は続かないのではと思います。ゲームや漫画をベッドのそばに置くのと同じようなものです。これも意識的になる要因でもあると思います。

 

とにかく、こういった要素が集合化して、横になっているのに寝られない。でもいろいろ考えてしまう行為になってしまったのではないでしょうか。

という訳で、今日は眠いので早く寝たいと思いますww

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です