「世界フィギュア選手権」羽生結弦選手に対しての感想


昨日、実家でたまたま、「世界フィギュア選手権」の男子シングルを見ていたわけですが、その中で、生中継で羽生結弦選手の独占インタビューをしていました。

実は、ボクと羽生選手は同じ年でして、本人には会ったことはないし、フィギュアスケートは詳しくありませんが、感覚としてはお互いかなり近いものを持ってると思います。

という訳で、「羽生選手」に対するボクの感想というか意見をQ&A式で述べていきます。

スポンサードサーチ

 

Q;今回の「3.18世界選手権」での羽生選手の活躍と結果に対してどうお思いますか?

A(タカボー);まずは、銀メダル本当におめでとうございます。優勝できなくて本人はかなり悔しがっていましたが、よく頑張ったとボクは思います。少なくとも周りのみんながそう言うとは思いますけど。

「負けず嫌い」とよく言われていますが、ボクから見ても非常に「負けず嫌い」だと思います。逆に「負けず嫌い」でなければ、ここまでの結果は出せないだろうと思います。アスリートだからこそです。

 

Q;羽生選手が「金メダル」を逃した理由は何でしょうか。

A(タカボー);技術的なことはさっぱりですが、まあ、相手が悪かったというのもあるかと思います。

でも羽生君は、自身の実力不足だと言っている。足のケガのことも含めてそう考えているのでしょう。流石です。

インタビューの時もそうでしたが、周りから「(足のケガを考慮して)無理はしないでくださいね。」とよく言われていますが、

「心配してくれるのはありがたいんだけど、正直、余計なお世話だ」

とボクは思いました。本人もどこかでそう思っているのではないでしょうか。

 

何故、あんたたちが、限界ラインをそこで引くのか。ラインを引くのは羽生君本人でしょ?と言いたい。自身のことは自身がよく分かっているはずですから。

もし、この質問に対して「そうですね。無理してますよね。応援してくださっている方にご迷惑をお掛けしました。なので、引退します。」

とか本人が言ったら大変なことになります。そんなこと、言わないと思いますが、やっぱり、「無理してない?」発言は、タブーにしておくべきだとボクは思います。せめて身内だけでの発言にしておきたい。

優勝するためには、本人の実力もそうですが、周りの応援も重要になってくる。だから、そっと見守ってあげましょうと言いたいですね。

 

Q;最後に羽生選手に一言お願いします!

A(タカボー);分野は違うけど、同じ年としてお互いベストな結果を尽くしましょうね!かな。あと彼のメンタルの強さを少し分けてほしいww

スポンサードサーチ