アトピー性皮膚炎で10年間以上悩み続けた驚きの改善法とは!


小さいころから、僕はアトピー性皮膚炎で悩み続けてきました。

皮膚科で薬を貰っても治らず、病院を変えても同じ薬ばかりで治らず…

大人になればある程度良くなっていくよ。と皮膚科の先生に言われて大人になっても治らず…

一生治らないのでは? と焦ったこともありました。

でも、僕は思いました。

根本的な原因を見つけ出さない限りはアトピー性皮膚炎は抑えられないと。

そこで、自分の生活習慣をフィードバックしてみました。

皮膚に一番影響の与える場面は刺激です。

 

その刺激が一番与える場面はお風呂だということにたどり着きました

そのお風呂の入り方をみると

シャワー強で軽く身体に浴びさせて汚れをとる→湯船につかる→家族と共有しているボディソープやシャンプーを使う→シャワー強で身体を綺麗にする→また湯船につかる

というのが、いつものやり方でした。薬を塗るのは夜寝る前と朝です(朝は忙しく塗る機会があまりなかったです。)

ですが、刺激という点で考えるとやってはまずいことだらけだということが分かりました。箇条書きで上げると…

☆1 シャワーからでてくる水の噴射圧で皮膚を刺激させている

☆2 家族で共有しているのは市販のボディソープやシャンプーなので添加物が多い

☆3 安いタオルなので素材がよくない

以下の3点がアトピー性皮膚炎の症状を悪化させている原因なのではないかと思いました。

では早速僕が実際にやった対策を説明しましょう!!

 

☆1 シャワーからでてくる水の噴射圧で皮膚を刺激させている

シャワーで直接、身体に当てることをやめました。水面器にシャワーでお湯をある程度入れて、少しずつ流すように洗う。これで刺激はかなり改善されました。

 

☆2 家族で共有しているのは市販のボディソープやシャンプーなので添加物が多い

市販で無添加のボディソープやシャンプーは中々ないので、ネットで調べて一番評価の高かったAmazonで販売されている「オリーブとローレルの石鹸」を使用してみました。

最初使用した時は匂いが嫌いでしたが、何回か使っているうちに慣れてきました。着色料や添加物は全く使われていないのでアトピーがひどかった僕にとっては、救世主なみの存在でした。3日ぐらい使ってかなり肌がつるつるになりました!!

 

☆3 安いタオルなので素材がよくない

肌に優しいタオルを買って、体にそっと当てるようにふき取る方法をとったらかなり改善できました。

保湿剤等の薬はお風呂上りが一番いいです。これはネットで調べても出てきます。

 

アトピー性皮膚炎で悩んでいたら、是非自分の生活習慣を見直してみましょう!!

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です