ミーティングで意見が出てこない場合


よく、部活や会社で部員と話し合いをするミーティングを行います。

連絡事項のみのミーティングではなくここでは、ある議題についてみんなの意見を述べていくミーティングの内容とします。

ミーティングで中々意見が出てこない場合、主な原因が3点あります。

 

スポンサードサーチ

 

☆1 ミーティング前に事前に意見を考えてこない

・・・ミーティングの時に意見を考えるのは時間の無駄です。議題はすでに出ている訳ですから、ミーティングが始まる前に自分の意見を考えてくるのは当然です。

逆にみんなの前で考えると焦ってしまうケースもあります。こんなことになるなら、ミーティングをやめた方がマシです。

 

☆2 場の雰囲気がかたい

・・・発表会とかなら分かりますが、ミーティングの場で張り詰めた空気は実はよくなかったりする。上の人がいると、どうしてもびくびくしてしまいがちですが、積極的に素直に意見を交換すれば、大丈夫です。

ポイントは、上司がまず意見を先に述べること。そうすれば、後輩たちも意見も述べやすくなります。僕なら、事前にみんなが意見をまとめた紙を集めます。それをホワイトボードに書く。

で、その間、挙手性にどんどん発表しながら、意見をホワイトボードに書いていく。

煮がつまったところで、責任者が他で実証していたデータをプレゼン式で見せていく。

また、1人ずつ発表してもいいかもしれません。が、時間がかかるので、今のミーティング時間とよく話し合って決めましょう。

 

☆3 ミーティング時間が長すぎる

・・・まずは、ミーティング時間をしっかり決めること。長すぎてもダラダラしてしまうので、20分ぐらいが一番かなと思います。

とにかく、しーんとした雰囲気は絶対つくってはいけない。責任者がしっかり遂行することが大事です。

言い忘れましたが、今回の議題についての責任者をしっかり決めることも大事です。責任者がいないと、話が進まないからです。

司会、書記、タイム計測等 担当を分けることも大事ですね。ダラダラ感は減るのではないかと思います。

 

以上3点になります。

ミーティングで資料やパワーポイントを用意しますが、自分の意見(アイディア)を形にすることが大事かなと思います。

実物(模型)を見せることで、様々な意見がでてくるからです。

これは僕も愛用している「トヨタのすごい改善術 若松義人」という本でも取り上げられているので、是非読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です