冷静になるためには?


今回は「冷静になるにはどうしたらいいのか」について考えていきます。

人前で話したりすると、緊張してどもり声になって恥ずかしくなってしまう。

 

大人になった僕でも、人前で発表なんかすると緊張します。頭が真っ白になることもある。でも、子どものときより落ちついているように思えます。

だから、ある程度成長すると、自然に「冷静」になっていくのです。

 

スポンサードサーチ

僕がお気に入りである、養老孟司氏(著者)の『バカなおとなにならない脳』(よりみちパン!セ)本では、

「きわめて正常でまともだから、ほっておいていい」と述べています。

「冷静」になる方法という訳ではありませんが、僕がよくやっているリラックスする方法を2つ挙げておきましょう。

 

1つ目は気に入っている人物やキャラクターになりきってみる方法です。

例えば、性格が冷静であるキャラクターがいれば、そのキャラの特徴を自分の頭のなかに取り入れて、自分自身がそのキャラになりきったつもりで、人前で発表したりします。

そうすると、自分のくよくよした気持ちが他人事のようになり、リラックスした状態になります。

 

2つ目は深呼吸です。

思いっきり息を吸って肩をおもいっきり上げて、息を止めて5秒そのままの状態を保ちます。5秒たったらゆっくり肩を下ろし息を吐きます。

人前で発表する時でも使えますが、相手がムカつくような発言をした際にも有効です。

 

もしかしたら、冷静とリラックスを混合している人もいると思いますので、参考にしてください。

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です