シャーペンと鉛筆の使い分け


小学校の高学年や中学校になると、先生からシャープペンシルの禁止令が解除されて使い始める人が多いのではないでしょうか。

僕も当時、中学生になって初めてシャーペンを使い始めたのを覚えています。

それと同時に、赤青鉛筆も赤のペンや青のペンに進化しました。3色ボールペンを卒業祝いで貰ったため、それプラス文房具屋で蛍光色のマーカーも買って準備万端でした。

シャーペン自体は700円という結構値段が高いものを買いましたが、お金がなかったので、シャープペンシルの芯(シャー芯)は100均のものを使用しました。

 

スポンサードサーチ

 

早速、授業でシャーペンを使用しました。

鉛筆みたいに削らなくて済む・・・ そしてすごく書きやすい・・・

何て便利なんだ!!

そうメリットばかり感じて1年たった頃、デメリットもあることに気づきました。

あくまで、自分の体験したことなのでご承知願います。

 

☆1 シャーペンをカチカチ押してもシャー芯が出てこなかった事態

になってしまったことです。

シャー芯自体は入っているのに・・・

何故だ!!

と思って先っぽを分解したら、折れたシャー芯がペン先で突っかかっていました。

これ、小テストで起きるとすごく焦りますww(僕も体験しました。)

そして、凄くイライラする。

なので、新しいシャー芯をペン先に挿入して突っかかっていたシャー芯を取り出さなければならない。

そんな作業でテスト時間の3分を無駄にしてしまった・・・最初に確認しとけばよかった。

 

☆2 シャーペン自体をなくしてしまう

・・・安いものであれば問題ありませんが、高価なシャーペンをなくすと物凄い損害です。

当時の僕はモノをいろいろなくしやすい癖があったので、、、

鉛筆の1本とシャーペンの1本では大違いです。

 

☆3 シャーペンはカチカチうるさい

・・・小テストの時の話ですが、隣の子がシャーペンでプリントの問題を解いている時に机とペンの当たる音が気になって集中できなかったことです。

別にその子は真面目に解いているので悪いとは言わないですが、、、

それ以来、定期テストや小テストは鉛筆で解くことにしました。(でも数学や理科は、速さが重要で、鉛筆だとどうしても遅くなってしまうから、シャーペンも併用してます。)

イライラしているのか何なのか分からないけど、むやみにカチカチやる子もいましたね。

 

他にもありますが、主にこの3点かなと思います。

小学校が鉛筆にしている理由が何となく分かってきた気がします。

シャーペンは武器にもなりなねないので、周りに迷惑をかけないように大事に扱いましょう!!

スポンサードサーチ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です