「受験勉強」=「いたスト」から学ぶ ~悪い環境は切り捨てよ~


※いたストって何?という方は、まずはこちらを見てください!!

「いたスト」から学ぶ勉強法 Ver1

「いたスト」から学ぶ勉強法 Ver2

「いたスト」から学ぶ勉強法<ラスト>

 


周りの「環境」が悪いと、「受験勉強」に身が入らない。

と思ったことってあるんじゃないかな。

僕が高校生の時も、家で勉強することが多かったですが、周りがうるさかったり、ゲームや漫画も置いてあったため、

集中できなかった時がありました。

 

「いたスト」も同じで、同じエリアばかりを重視(同じ場所で勉強)していると、相手に邪魔された時(10株下げや5倍買いなど)

自分が思う通りにいかないことがあります。そのエリアしか店や株を持っていないので、影響を受けやすい。

じゃあ、どうすればいいかというと、序盤でいろんな場所(エリア)のお店を沢山買っておけばいいのです。

スポンサードサーチ

そうすれば、1エリアだけではなくて最終的に2~3エリアに自分のお店を3件以上揃えやすくなるため、

1つのエリアに縛られることがない。「相乗り」する人にとっては、どのエリアの店を増資してくるのか、分からないことがある。

 

読まれにくい上、最悪他のエリアに乗り換えることも出るため、「エリア独占」するよりも、「各エリア」に自店を増やしたほうが、柔軟に対応できるということです。

 

という訳で、「受験勉強」においても、学校や家、塾といった決まりきった場所で集中できなかったら、ホテルとか親戚の家とか、公園に移動して勉強してみる。

または、学校内でも、自分のクラスの教室ではなく、他のクラスや多目的室、図書室など、勉強する部屋は沢山あると思いますので、

恥ずかしがらずに、色んな所に移動して、自分の陣地を確保し、肌に合わなかったら、「じゃあ他の場所で…」というやり方でいくのも手です。

 

「ド◯クエ」でいうと「ルーラ」、「ドラ◯もん」だと「どこでもドア」の同じイメージです。

「ここの教室じゃあ周りがうるさなー」「じゃあルーラで、他の教室でやろうかなー」「みんなバイバイww ビューン!!」ぐらいの軽い気持ちで実行することがポイントです。

まとめると、

その場所が自分にとって「いい環境」なのか「悪い環境」なのか。

悪ければすぐにやめる。そのため、「ルーラ」のようにさっといろんな場所に行って試してみる。

やってみたら、意外と面白かったりします、、

スポンサードサーチ